相手にちょっとしたお節介をして、それが役に立ったなら「ありがとう」と言ってほしいのはわからんでもない
「それでOK」とコミュニケーションを重ねるのは、QOLの向上に繋がると思う
ただし同時に「それはNG」「それは不要でした」の返答も受け入れてこそだけど

いつだってありがとうって言っておけば私の気分はよくなるのだからそうしろ、ではクズの発想

昔のゲームソフトは販売本数1本につきプレイヤーは何人ぐらいいたのだろう
家で1本のドラクエを2~3人がやっていてもおかしくないし、中古に流れてまたプレイヤーが増える分もあるし

「そういう言い方しないで」と言う連中はまさに「話にならない」
問題は多々あるが、まず連中は自分が「そういう言い方しないで」と言われる側になるとバグるからな
他人の言葉に文句をつけるのは自分の方で、自分がつけられる方になることは考えてない
そんな人とまともに話なんてできるわけがない、話している振りならできても

どうして日本のゲーム界隈では3DダンジョンRPGを好む層が一定数残り続けたのだろう
国外の3D大好きだらけらしいゲーム界隈だと、結局昔の3Dダンジョンは代替手段でしかなかったとは聞くけど

フィクションの旅する格闘家は何故かバラックバッグを持ってる印象がある
底が丸くて、口をひもで絞って、片手で背負うアレ

ダンジョンって通路などの最小幅がどれくらいあるべきだろう
世界にダンジョンがいくつもあるならそれぞれの環境次第でいいのだけど、迷宮といえば世界に1つだけのそれを指すみたいな環境だと湧くモンスターのこととか考えてサイズ設定しないと後で困る

3人横に並んで武器を振るえば塞がる程度の幅だと、人より大きいモンスターには結構狭いよなあ
しかし通路があまりに大きくても、それはもはや通路というか部屋の連続というか

プロテインパウダーの水溶きを空腹時に飲むと、どうも消化吸収や腸内環境によくない感がある(体感)
食後に飲むと消化器を通過する速度が緩やかになるからか、プロテインなしの場合と比べておなか周りの体調変化はほとんど感じない
この理屈なら固形のプロテインバーなどなら問題なさそうだが、とりあえず今は食後方式でいいや

タンパク質補給の観点からは、間食として入れた方がよさそうなことは理解しているが、それよりまず順調な消化吸収が前提条件だ

人が繊細な作業をしてる時に横から邪魔してきて
「今相手できないから後にしろ」と言われてもまったく気にせず
それでこっちが失敗したら「うわ、下手くそ」「こういう時はいったん手を止めて相手をするんだよ」などと邪魔した当人が平然とのたまう
なんだこのクズ、一挙手一投足がクズか

しかしまあそうだな、お前に言ってきかせてなんとかなるというのは期待しすぎだ
確かに私がとるべき選択肢は「手を止めて物理的に黙らせる」か「手を止めてあやす」だったよ、しかも前者は禁じ手なので実質一択だ

他人を支配するな
他人に支配されるな

他人を背負うな
他人に背負わせるな

自己と他者を分けろ

ワクチン接種率が伸びなくなってきたということは
残りは体質的に打てないごく少数の人を除いて
反ワクチンの狂人か、ワクチンを打つ計画的行動や事務処理を自発的に実行出来ないレベルの愚者のいずれか
実際の遭遇率は環境差が発生するだろうけど、ランダム抽出だと10人に1人は脳がアレな人間という現実はきつい

しかも日本の行政と教育の環境から考えると
「環境で馬鹿になっただと? ちがうねッ!! こいつは生まれついてのクサレ脳ミソだッ!」
と言っても過言ではないだろう、言わば「自分ガチャ」で外れた人々か

特殊能力でお金と引き換えに物質生成とか、世界の外からお取り寄せとか
個人規模で見れば、お金と引き換えに物を入手してるのは普通の買い物と同じだけど
社会規模で見れば買い物ってのはお金を消滅させてるわけじゃないから、流通するお金が減っていく影響あるよなあ

短所も裏返して考えてみれば長所にもなる的な話
「繰り返し約束を破る」といった「悪」は裏返してもよくならない
「悪」と「短所」は根本から異なる

悪は個性ではない

寝落ちというものがまるでわからない
なんで何かしながら寝るの、脳働いてる?

自分はならないけど、電車などでやることがなく揺られていると眠ってしまうのはまだ理解を示せる
しかし遊びながらとか食べながらとか、幼児ならともかく成長後にそれはどういうことなの

サザエさん方式のループ世界で、十分に安定した家庭の子として学生生活を繰り返し続けるの
働き続けるより楽に思えるかもしれないけど、1日の大部分を退屈な授業で過ごすのは結構きつそう

夏休みの宿題を7月中に終わらせて、エンドレスに8月を過ごすなら環境はだいぶ固定される代わりに自由は増えるか?

並より上の知性を持つ人は、自分の知性の高さを忘れがちである
だいたい真ん中のレベルの人は、半数近くが自分より劣るとどれほど理解しているだろうか

ましてや、世界は偉人達の水準で生きることはできない

外見での評価に忌避感が起きやすいのは、生まれついての差が大きいからという要素もあるだろう
しかし内面ももしかすると生まれついての差は結構あるのではないか
クズの脳は生まれついてクズになりやすい性質を持っていた、と明らかになったら内面で評価するのはやめるべきか? 私はそうは思わない

外見も人格も能力も財産も、初期値が同じものなんてない
差があるからなんて理由にしてしまえば、それはすべてに及んでしまう
結局人は自分で自分を背負うしかないのだ

プリパラ・プリ☆チャンやアイカツなどの毎回ライブパート入れるアニメは、曲の最初に曲名出せばいいのにと思った、宣伝的な意味で
アイドルゲームだと見かけなくもない演出ですし

「勝ち負け」と「成功失敗」を混同してしまう人は多い
たとえばゲームで切るカードを選ぶとき、今まで見えた情報すべてから考えて最後に2択が残って勘で選んだ結果、「負け」たら「失敗」したと思うのは間違ってる
違う方を選んでいたら勝っていたとしても、それは「失敗」したわけではない「負け」ただけだ

計算に見落としがあったなら、選択過程に失敗があったと言える
しかし勝つにしろ負けるにしろ後は運しかないという状況は多々ある、そこで勝っても自分が成功したわけではないし、負けても自分が失敗したわけではない

「申し訳ないけど」と禁止行為を始めて、このような実害があるから禁止されているのだと止められると
「だから申し訳ないって言ってるだろ!」とキレて、それで通ると思ってるのやばすぎる

私は「清潔感」という言葉を使うやつはクソだと思っているので
身だしなみの問題なら具体的に言うし
相手をしたくないならそう言うし
不衛生だと感じたらそう言うし
「清潔感」なんてものを絶対に求めたりはしない

「清潔」≠「清潔感」の時点で悪質な言葉なのは確定的に明らか
悪質さは「コミュニケーション能力」の問題に似ている
500文字では到底語り切れないのも同様

古いものから表示
オールジャンル Mastodon インスタンス【ますとどん.らぶ】

オールジャンル歓迎の汎用インスタンスです。