世の中には満腹になるまで食べる人たちがいるそうだが
彼らは「満腹感とはこれ以上食べるなという危険信号であり、不快感である」と認識していないのだろうか
それとも将来的に不快感が訪れるとしても、限界まで食の快感を選択してしまうのか
どちらにしろそれは脳の性能がヤバいのでは?

頭おかしい人がテレビショッピングで衝動的に冷蔵庫を買い、およそ2週間後に届くまで
冷蔵庫を空にする活動も注文から3日で飽きて停滞し、1週目の週末は何もせず
2週目の週末で思い出したようにまた冷蔵庫の中身を減らす動きを再開し
今まで万年上げ底となって「狭いと不平を言うなら捨てろ」「いつか使う、ゴミじゃない」と押し問答を繰り返した冷凍庫のゴミを結局いくつか捨てて
そうやって多少なりとも準備してきたのに、2日前の土壇場になって「今日は暑くてどうしてもアイスが食べたくなった」などとのたまい6本くらい入ったアイスを2箱も買ってきやがり
ああやっぱりこいつには先のことを考える知性はほぼ存在せず、その場の衝動だけで生きてるんだなと再確認した冷蔵庫騒動

人間の体は出すべきものを出すとだいたい気持ちよくなるように出来てるので、汗を流すこともそれ自体は不快ではなかったりする
不快なのは汗で張り付く服や、汗が乾いた後のべたつきや臭い、その後始末であって
汗が噴き出してるその瞬間は、むしろ気持ちいい人たちもいるのではないかな

人類の「食欲」という感覚が理解できない
食欲があるから食べる、無いから食べないってどういうことだ……? 必要を考えたりはしないの?
一般的な人間ってそんなにも欲に忠実なものなの? 理性どこいったの?

戦って、戦い続けて何が得られるのか、何にもならないじゃないか
なんて逃避の言い訳でしかない

戦わなければ失うから戦うのだ
得るための戦いなら放棄できても、守るための戦いからは逃げられない

+メッセージがMVNOにも提供される、平たく言うとLINEみたいなことを電話番号だけで出来るやつ
昔からSMS(1通ごとに有料)があるけど、+メッセージをインストール済み同士なら無料でメッセージのやり取りが出来る(要ネット通信環境)

auは9/2に対応済み、ドコモは9月下旬予定、ソフトバンクは2022年春予定(楽天モバイル? 知らない子ですね)
MVNOでも使えるということは、スマホユーザーの大部分が使えるということ
日本の行政にはLINEより+メッセージを推していただきたい、将来的には
個人の利用はどうでもいいけど、公的な機関が国民とのやりとりでLINEというのは違和感がある

最強系の創作は、決してぐだぐだした展開にしないという作者の強い決意がないとろくでもないものになりがちだ
能力が及ばない障害はあり得ないなら、サクサク進行できない場合はだいたい知性や人格に起因することになる

そんな主人公のどこが魅力的なのだ、作者は本当に「能力は最強でも人格的にクソザコナメクジの話」を書きたかったのか(もちろん意図してそうしたかったらそれでいい)
強すぎると何もかもあっさり過ぎると展開に悩むくらいなら、そもそも最強の能力はいらなかったのではないか
盛り上げようとしたらそこしか主人公の隙を作れなかったのでやむを得ず、なんて既に物語の設計が失敗している

WindowsはUIなどが腐っても、反対派がフォークすることもできない
かつてUbuntuが妙な独自性を発揮したくなってUnityなんてものを生み出して分裂を引き起こしたことがあったが、そっぽ向いて分裂できるというのはメリットでもある(共倒れの危険性も高まるので、いいことばかりではないが)

共倒れ回避を考えると主流のチームは保守的な設計で、そこからフォークする側が突飛なことをする方が業界的には安定すると思うのだけど
世の中うまくいかないもので、むしろメインチームがおかしなことをしだして、余計なことしたくない側がフォークするのもよくある話なのがなんとも(GNOMEなど)

白米だけや小麦粉を練って加熱した物だけで、おかずはほぼ無しの生活をしてると脚気で死にそうになるけど
インスタント麺ばっかり食べてても、そっちの方がビタミンB1が添加されてるからまだ体が長持ちするという笑えない話

「間違いを指摘されるとむかつく、私は傷ついた」と言われても
「他者の間違った行いで実害を被っている、気持ちが傷ついたどころじゃない」「さらに言わせてもらえば、私もお前の身勝手な主張で不快極まる」のがこちらの事情なのだが

どうせコーヒーを飲むなら、砂糖をドバーっと入れた方が効く
脳に糖分とカフェインがガツンとくるぜー

そんなもの何杯も飲んだらまずいけど、そもそもコーヒー自体何杯も飲まない方がいいのだ
なら1杯だけにして、その1杯でキメる

ARIAのアニメで、途中からゴンドラの形状が変わってる
そりゃ漕ぎ手が立つところは平らな方がいいよね
初期型は見てて不安定だなと感じる場所に立ってたし、姫屋なんてさらにヒールで足元危険すぎる

自分の思い通りにならないと怒る人が
約束の履行を求める態度を指して「お前だって同じことしてる」と言い出して
そこから区別つかないのか……と呆れ果てるほかない

ガンダムなどで女の子が乗るメカだからピンクというのはもにょもにょする
誰だよ作中でこの色決めたことになってる人……みたいな感覚を含む

利用開始から1年経ったようです
いつもお世話になっております

どんな軽量Linuxでも、結局最近のWebブラウザを動かすにはある程度のスペックがいる
もちろんOS+アプリの負荷がかかるからOSが軽いに越したことはないけど、家庭用PC想定なら極限の軽さを求める意味はあんまりなさそう

というわけで現状においてデスクトップ環境はXfceがなんやかんや一番バランスがいいと思う
使い勝手は十分によい、そして十分に軽く速い
これ以上軽くするために使い勝手が悪くなるのは割に合わないし、これ以上のリッチな体験とやらで重くなるのも価値を感じない

生きるための金が無いのを「誰もが明日は我が身」なんて言うのは極論が過ぎる
そうならないよう心掛けてきたか、考えもしなかったかで、そうなる確率は明らかに違ってくるだろう
明日も無事に生きてるかは誰もわからないが、金なら蓄えておける
金があれば打てる手も増える

「力が欲しい……! 他人にすがらず生きていける力が……!」と幼い頃からある意味人生極振りしてきた身からすると、備えてこなかった人と同じなわけはないだろうと

「何故か生まれついてわりと賢く」「その賢さがあったからこそ、クソ親に依存した子供の生活に危機感を覚え」「賢かったからこそ状況を打破し、親の力を借りず進学するにまで至り」「今も能力を高め、稼ぎを増やし対策している」
という状態の起点である「生まれついてわりと賢く」を指して、やはり人生の違いは運だと言われたら否定はしづらくあるが
「生活の安定」を第一目標に設定し続けた選択も重大な要因であることは否定させない

同じ選択をすれば誰でも同じ結果になるわけではないが、選択こそが己を形作る
人生は運不運しかないと言ってしまうのは、すべての人のすべての生き方に意味はないと言っているに等しい

「ドリルを買う客が欲しいのは、ドリルではなく穴である」とよく言われるが
ただし客が求めているものと本当に必要なものが一致しているとは限らない、と更なる問題もある
ドリルを買っても穴はいらなかった、というのもよくある話で

収入がなくなったからといって、すぐさま食うにも困る人々は貯金という概念を持たないのだろうか
切り詰めて1年、あるいは数か月でも安全マージンがあれば、次の為に動く余地となる
貯金があっても貯金が尽きるまで何の手も打たなかった場合もある、何故だ

こうして考えてみると社会における格差は「経済の格差」というより「知性の格差」が重大な問題ではないか
彼らが今生きるには金が必要だが、これからも自分で生きていくのに必要なのは金ではなく能力だ
ただこの知性系の能力はおそらく「生まれ持った肉体のポテンシャル × 教育環境」みたいなところがあるから、いくら教育したところでろくに無いものは無いままっぽいのだよなあ

不安で動くのは、未来を考えているわけではない
未来の為ではなく、現在の不安を解消するために動いているだけだ

古いものから表示
オールジャンル Mastodon インスタンス【ますとどん.らぶ】

オールジャンル歓迎の汎用インスタンスです。